全般

事業会社での金融情報ベンダーの選び方
全般 · 2022/06/24
金融情報ベンダーとは株価や国債利回り、M&A案件情報をはじめとした各種ニュースなどの情報を提供しているプロバイダーのことです。 元々は金融機関やプロフェッショナルファーム中心に利用されていたサービスですが、ここ十数年は事業会社の経営企画部や財務部等でも金融情報ベンダーが積極的に活用されています。 金融情報ベンダーを導入することで情報収集やデータ分析の強化及び効率化を図ることが可能で、自社のニーズにマッチした金融情報ベンダーを選ぶことがとても重要です。 ぜひ本コラムをご参考いただき、金融情報ベンダーを選定する一助としてください。

週刊エコノミストに広告掲載しました!
全般 · 2022/05/27
週刊エコノミストの5月31日号 P.8に広告を掲載しました!

倍率(マルチプル)の調整に関する考察
全般 · 2022/03/22
DCF法の重要な構成要素である割引率の推計過程では、サイズリスクプレミアムの考慮が昨今では一般的な実務と認識しています。 類似会社比較法(マルチプル)では上場会社から推計計算した倍率を特段の調整なく使用しています。対象会社の規模に応じた倍率の調整について考察したのが今回のコラムです。

リーグテーブルにランクインしました!
全般 · 2022/01/19
リフィニティブ社が発表する2021年のフィナンシャル・アドバイザリーの日本市場および中規模市場の両リーグテーブルに、昨年に続きランクインしました。

中小企業庁「M&A支援機関登録制度」に登録されました
全般 · 2021/12/01
中小企業庁の「M&A支援機関登録制度」につき、当社が登録されました。 当社は、価値評価(Valuation)を得意領域としていることもあり、M&Aの際にファイナンシャルアドバイザーを担うことがあります。 その際には、支援機関として「中小M&Aガイドライン」を遵守致します。

監査上の主要な検討事項(Key Audit Matters)
全般 · 2021/07/30
今回は、2021年3月決算より導入された、「監査上の主要な検討事項(Key Audit Matters)」(以下「KAM」という。)について、「のれん」や「無形資産」を中心にコメントしたいと思います。

日本経済新聞「事業承継 PEファンド・M&A10選」に掲載されました
全般 · 2021/07/30
7月30日の 日本経済新聞 朝刊14面の「事業承継 PEファンド・M&A 10選」に当社が掲載されています。

「大企業xスタートアップのM&Aに関する調査報告書(バリュエーションに対する考え方及びIRのあり方について)」
全般 · 2021/05/20
2021年3月に経済産業省より公表された「大企業xスタートアップのM&Aに関する調査報告書(バリュエーションに対する考え方及びIRのあり方について)」を簡単にご紹介します。

ローン(債権)・デット(債券)の時価評価
全般 · 2021/03/05
ローン(債権)/デット(債券)の時価評価に影響を及ぼすパラメーターについて触れてみたいと思います。 マーケットで取引が行われており取引価格が入手可能なデータとして存在する場合、実際の取引価格はレベル1インプットとして最も客観性、信頼性が高い公正価格として利用できることとなります。その一方で、マーケットにおける取引事例の情報が存在しない、又は流動性が非常に低い場合、対象資産から発生する将来キャッシュフローと割引率を用いて公正価値の算定を行うこととなります。

リーグテーブルにランクインしました!
全般 · 2021/01/19
リフィニティブ(旧:トムソン・ロイター)が発表する2020年のファイナンシャル・アドバイザーの日本市場および中規模市場の両リーグテーブルに、昨年に続きランクインしました。

さらに表示する